★ ★ 欧州議会選挙の報道をめぐるFORUM ★ ★
トップ サイト運営方針 フォーラムブログ 関連情報・関連サイト お問い合わせ
 パトリシア・フロア
 駐日EU大使の記者会見

フロア駐日EU大使


2019年5月30日、フロア駐日EU大使は日本記者クラブで会見し、欧州議会選挙について公式のコメントを発表した。
フロア大使は「今回の欧州議会選挙を巡ってさまざまな懸念や憶測が持たれていたが、結果的に今の国際状況において、強く結束したEUが世界のパワーバランスにとって重要であることが反映された」と前置きし、次の4点のコメントを明らかにした。


( )内はFORUM の注記


  1. 有権者4億2700万人が参加する欧州議会選挙で、熾烈な運動が繰り広げられたことは、欧州民主主義の勝利である。(10%近い)投票率の上昇によって、欧州議会に対する民主的正当性は著しく強化された。
  2. 従来の2大政党グループ(独CDU/CSUとSPDなど)が退潮したにもかかわらず、純粋にEUとその政策を支持するリベラル派(マクロンのLREMなど)や緑の党が票を伸ばし、3分の2以上の議席を確保して親EU派が勝利した。
  3. さまざまな難しい状況があるにしても、EUと欧州の未来にとって今回の選挙は新たな明るいスタートとなるだろう。
  4. (新しく与えられた態勢のもとで、)欧州議会はEU予算、条約の批准、欧州委員会委員長の選任など、(必要な)権限を行使していく。 フロア大使はさらに、「(マクロン党などリベラルな)欧州自由民主連盟と緑の党・欧州自由連合という新たな親EUの2会派こそが、EUの新たな基盤を築いていくだろう。新しい欧州議会がこれらの多様な勢力から構成されたことは、EU加盟国の社会の進展を反映するものといえる」と述べ、議会の新たに多様化した構成を歓迎した。 記者会見には多数の報道陣が出席したが、なぜかいっさい報道されなかった。*

サイト管理について

地球を守ろう! 個人・団体を問わずエコロジスト集合
Copyright (C) 2019 Bannno Forum. All Rights Reserved.